地域とつくる舞台」シリーズ

イタミノート

アイホールがつくる「伊丹の物語」プロジェクト

イタミノート

日時

2016年10月
14日(金) 14:00~21:30
15日(土) 10:00~21:30
16日(日) 10:00~17:30
※入場/終了30分前まで

■パフォーマンス
●10月14日(金)
15:00[A]/16:30[B]/19:00[A]/20:30[B]
●10月15日(土)
11:00[A]/12:30[B]/15:00[A]/16:30[B]
19:00[A]/20:30[B]
●10月16日(日)
11:00[A]/12:30[B]/15:00[A]/16:30[B]

Aプログラム=<家族編>
『昆陽池から来たヘビ』
『国道171号線を行く象』
(上演時間/約40分)

Bプログラム=<街並み編>
『崩れた灯篭、瓦礫の境内』
『カエルの居場所~震災後の街並み』
『尼宝線と防空壕とチューインガム』
(上演時間/約50分)

会場

伊丹AI・HALL

チケット

入館料/
一般 1,000円
65歳以上 800円
学生 500円
※65歳以上、学生券の方は、当日受付にて証明書を提示

>>チケットのご予約はこちら

内容

公募で集まった伊丹の写真とそれにまつわるエピソードをもとに、ごまのはえが掌編作品を執筆。スクリーンに映し出された写真を背景に7人の俳優が「地域の記憶」を再現します。

CAST

作・演出/ごまのはえ

出演/
高原綾子(ニットキャップシアター)
黒木夏海
池川タカキヨ
西村貴治
猿渡美穂(宇宙ビール)
高安美帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)
や乃えいじ(PM/飛ぶ教室)