見え方が変わるってこと【ミルクルミライ見どころ3】

投稿日:

こんにちは、木所です。


毎週金曜日更新のミルクルミライ見どころ更新ブログ、今週は土曜日に更新ですが決して日付を間違えていたわけじゃありません。


決して日付を間違えていたわけじゃありません。


すいません。



さて。
ミルクルミライも本番まで二ヶ月を切りました。
ここは日付を間違えませんよ。


あ。


「ここは」って言ってしまった。


すいません。


あ、稽古は順調です。


宇宙ビールの本公演に向ける稽古は、膨大な要素をテトリスのように組み上げていくスタイル。出来上がって通してみると、皆で「なるほどねー」となります。


そんな稽古現場からの情報はSNS等から拾って楽しんでいただくとして、ここではテトリスを知らない方のためにテトリスの画像を貼っておきます。


今回は、見どころのピックアップということですが、見どころそのものにネタバレ要素が多くてなかなか具体的には挙げられないことに今、気が付きました。


そうなってくると、なんでしょうね、見どころ。


どの軸から観るか、ですかね。





見え方が変わるってこと

宇宙ビールに限らず、そういった違った見方、サブテキストと言われる本筋の中に流れる部分というのは少なからずあるものですが、それが強烈なので、その時の自分の心の状況がもろに影響する公演、、、


えぇ、なんのこっちゃですよね?


例えば、ドリフのコントで志村けんと加藤茶が寝ながら警備員をするコントがありますよね。警備しなきゃいけないのに、寝ちゃう。何をやっても寝ちゃう。最後には警備しながら寝ちゃう。みたいな。


あれ、表面だけ見たらコント(喜劇)ですよね。


でも、もしも、その警備員の背景に、倒産、リストラ、借金、過労などのキーワードを加えたらどう見えるでしょう?


働こうとしても寝ちゃう。そして怒られる。


それって、実際にあったら喜劇ではなく、もう悲劇に見えますよね。


起こっている現象は同じでもどの軸から観るかによって感じ方は大きく変わる、、、って、もちろんそこまでかしこまって考えながら観る公演ではありませんのでラフに観ていただけますが、きっと観劇しているうちに自然といろんな角度からそのシーンの見方が出来ちゃう、そんな仕掛けがギュッと詰まっている感じです。


で、その仕掛けについては、ネタバレもあるので黙秘します。


気になる方はぜひお早めのご予約をお願いいたしまうす。


ミルクルミライ特設ページ http://uchu-beer.com/miruclemirai-specialpage
予約はこちらから http://ticket.corich.jp/apply/93988/001/
ミルクルミライキャスト紹介 http://uchu-beer.com/tag/miruclecast